シミや肝斑に効果の期待できるトラネキサム酸

肌にできてしまったシミや肝斑の治療に市販品の美白クリームもありますが、できたばかりの薄いシミには効果があっても、昔できたシミや肝斑にはあまり効果が感じられません。

 

特に肝斑は市販品だけでは改善は難しいですので、全く効果が感じられないと思ったら皮膚科で診断してもらうことも必要です。

 

美容皮膚科に行くと外用薬だけではなく、内服薬の治療をすることもできます。

 

その中でもトラネキサム酸は元々止血剤としても使われていた薬で、現在は美白に使われるようになった成分です.。

 

内服薬は副作用の心配もありますが、効果は外用薬よりも期待ができます。

 

トラネキサム酸には抗プラスミン作用というものがあります。

 

プラスミンという物質が炎症を起こすのですが、炎症が起きると肌はメラニンを生成してしまいます。

 

また紫外線を浴びた時に発生するメラニン発生物質のプロスタグランジンをブロックする作用もあります。

 

つまりメラニンが生成される前段階に働きかけることができるのがトラネキサム酸なのです。

 

このプラスミンは肝斑の原因とも言われていますので、トラネキサム酸が治療に効果的とされています。

 

美容皮膚科の治療では内服として使用するだけではなく、イオン導入で肌奥に浸透させたり、一緒にビタミンCのサプリも摂取したりすることで、シミ改善をしていきます。