シミの予防には日頃からのUVケア

シミはすぐに出なくとも、数年後には肌に現れるので日頃からUVケアは念入りに行うようにしています。

 

例えば洗濯物を干す時、油断しているとベランダに出た時に紫外線を浴びることになり、肌へその紫外線が蓄積されていきます。

 

数年後にはシミとして肌にでてくるので、日常的な紫外線は避けるために日焼け止めは日頃から愛用することは大事です。

 

他には、UV効果がある帽子や手袋、スカーフやストールなど使用することで紫外線カットすることができます。

 

UVケアは特別なものでなく、日常的に行えるため日焼け止めなどはすぐ使えるように準備して置くことは大事です。

 

うっかり日焼け止めを塗り忘れたって特には肌が乾燥した状態になるため、保湿はしっかり行うことが重要になります。

 

シートパックなど使用して、肌へ潤いを与えシートに含ませた化粧水や美容液が肌の奥へと浸透していくので次第と角質層も柔らかくなり、紫外線で傷ついた肌も回復してきます。

 

UVケアを念入りに行い、しっかりと保湿を行うことで肌は改善するため、しっかりと日頃からのケアは行うことが重要になります。

 

UVカットができるグッズなども多数販売されているので、外出時には日傘を利用するなど対策は必須になります。

 

こうすることで今あるシミにも効果的だし、今後のシミ予防対策になりますのでいつまでも美肌で居るためには必要不可欠なのがUVケアになります。

 

とは言っても、UVケアをしたからと言って今あるシミが消えるわけではありません・・・

 

今あるシミを消したい場合は、皮膚科に通ってシミの治療を受けるか、市販薬で少しづつシミを消していくかのどちらかが必要になります。

 

私は皮膚科でシミの治療を受けるのは恐いし、万が一レーザーでやけどをしたりすると後悔しか残りませんので、市販薬でのシミ治療を選択しました。

 

;皮膚科で処方される軟膏や内服薬でも良かったのですが、副作用が心配だったので、やはり一番安全な市販薬が良いと思い今でも継続して副作用のない市販のシミを消す薬を服用し続けています。

 

そのおかげで今では顔にあった小さなシミもほとんどなくなり、同時に配合されている美白成分でシミ予防にも効果を実感しています。

 

日々のUVケアも重要ですが、薬の力で体の内側から紫外線対策をすることも必要だと感じています。

 

薬と言うと抵抗がある人もおおいと思いますが、私が服用している市販薬は第3類医薬品でほとんどの成分がビタミン剤になり増すので副作用の心配は全くありません。

 

過剰摂取をしてしまうと腹痛や下痢を発症してしまう可能性はありますが、これはサプリでも同じなので薬だからと言う事はありません。

 

今あるシミにも今後のシミ予防にも市販薬はおすすめのUV対策アイテムなのではないでしょうか。

更新履歴